自己破産はあくまで最後の手段と考えておくべきです ○1

借金を抱えている人の中には、最終的には自己破産をすれば良い、と考えておられるかもしれません。しかし、そんな甘い認識で良いのでしょうか。確かに自己破産の手続きを行い、免責が認められれば借金は帳消しになります。しかし、手持ちの財産という財産は処分されてしまうのです。それでも借金がゼロになるのは、大きなメリットと言えるかもしれません。ですが、一度免責が認められれば、次はどうなるかご存知でしょうか。再び借金を繰り返し、多重債務に陥ったとしましょう。これが手続き後から7年の間に起きた事ならば、2度目の自己破産は出来ません。7年間は同じ手続きができない為です。手続き後7年経っていた場合、2回も免責が簡単に認められるのでしょうか。自己破産の手続きは間に裁判所が入る事になります。裁判所でもう2度と借金は繰り返さない、真面目に生きると誓い免責が認められたわけです。

英会話スクール